必ず安心ではない

自然派でも安心できない

自然派化粧品というと「肌に良さそう」「敏感肌でも使えそう」なんてイメージがあると思います。でも必ずしも「自然派は優しい」わけではないのです。それでは自然派化粧品とはいったいどのようなものなのでしょうか。 自然派化粧品というと肌に優しい成分だけでできていて石油系の化学物質や合成物質は入っていないというイメージがあります。しかし実際には「自然派」について法的な基準が設けられているわけではないのです。おおまかにいえば「植物成分を含んだ化粧品」であれば「自然派化粧品」と呼べるという事です。自然派だからといって安心せずに自分でしっかりとラベルを確認してどのような植物由来の成分が入っているのか、またその他にどのような成分が入っているのかを確かめてから使用することが大切です。

成分をしっかりチェックしよう

実際にラベルを見て確認する時のポイントとしていくつか紹介します。 まず「合成界面活性剤」が少ないものを選びましょう。これは主に成分を乳化させるための成分です。しかし肌にとって負担になる成分であることもたしかです。次に「防腐剤・殺菌剤」をチェックしましょう。化粧品は持ちが良くなるように防腐剤や殺菌剤が入っています。「バラベン」や「フェノキシエタノール」が有名ですが植物に含まれている成分を防腐剤として使っている化粧品もあります。 メイクアップ品の注意事項としては「タール系色素を使っていない」かの確認です。成分表で「赤色〜号」などの表記を見たことがあると思います。これらは石油を原料とした成分を使っておりアレルギーを起こす危険性や発ガン物質性の報告があります。 「自然派化粧品」という名前に安心せず、自分でラベルを確認して、自分の肌に合うもの、合わないもの、肌に良いもの、悪いものを自分自身で知っていくことが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加